タグ:レビュー ( 287 ) タグの人気記事

こんばんは、父さん

火曜日に会社帰りに行ってきました。
19時スタートだから間に合うには間に合ったけど、(定時が遅いのと)三茶なのでかなりぎりぎり(^_^;)

a0002826_23143912.jpg

(ポスターはガラスが反射したので、改めて自宅でプレイビル(ストーリーは書いてないパンフ?)を撮影。

二兎社は初めてなんですが、うーん・・今時な設定なんだけどちょっと変わってる?
テーマとしては、親子関係を見かえる、かな。

そういえば、宣伝で前の土曜日かな?蔵さまが旅番組に出てて、突っ込みどころ満載でしたw
[PR]

by snowdrop99 | 2012-11-11 23:19 | ミュージカル・演劇

最強のふたり

事故で全身麻酔となった大富豪フィリップの介護者選びの面接に、スラム街出身の黒人青年ドリスが現れる。しかも、彼は失業保険をもらいたいがために不採用を望んでいた。しかしフィリップは、他の者と違って自分に同情しないドリスを雇うことを決め……。
最強のふたり エキサイト


もう終わっちゃったかな。
(見たのは先月の終わりですが。。)

実話ベースとはいえ、爆笑するシーンがあったりするのがフランス風?(フランス映画は初めてかも)
でも実際とは人種が違うような。

まあ、邦画とタイトルが似ちゃったとはいえ、これ去年の今頃やってた東京国際映画祭で受賞しているので、公開時期がかぶったのは残念です。



フランソワ・クリュゼは、てっきりある歴史上人物を演じたことがあるのかと思いましたが、違ったようです(^_^;)


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2012-10-27 23:43 | 映画

サイケデリック・ペイン

a0002826_23304883.jpg


日曜日に見て来ました(Y!のマップのオススメがアレでちょっと迷った)
主役は福士誠治で、綾野剛はスパイスかと思ってましたが…

ところがどっこい、ダブル主役って感じですね。
ロックオペラと銘打ってるわりに、歌詞が歌謡曲ぽいせいか(森雪之丞がわざとやったっぽい←結歌謡曲だけでなく、ロック方面も実際に書いてるし、五右衛門ロック~新感線関連の作詞をしている)、前半はベタな展開でどうしようかと思った位でしたが、後半はギター大活躍。

綾野くんは憑依系だというのが改めて分かりました(また全然違う)

PVより、ロンゲでビジュアル系ぽくて良かったです。
カーテンコール含めライブハウスぽくしてるし。(だから小さ目のサンシャインなのかと)




サイトにちゃんと「サイケデリック・ペイン」公式サイトが作りこんであって笑た。



公式サイト

[PR]

by snowdrop99 | 2012-09-06 23:55 | ミュージカル・演劇

最近見た映画

といっても、転職してから見たので、ずっとあげそびれてたので報告だけ。
時期的には3月位4月でしょうか。
なんせ、定時が遅いのと余裕(時間的&金銭的)余裕と見たい映画がうまく合わず。。
平日の遅い回だと終電になってしまうので。(あ、テレビっ子なのもあるかな(^_^;))


見たのはThe ARTISTとマーガレットサッチャー。
The ARTISTはできたら映画館で(名画座とかでやりそう)見るのをおすすめします。

マーガレットサッチャーはよく似てますが、あんな背景でイギリス初の(そして今のところただ一人の)女性首相になったのかと。あの頃はこちらも子供でしたし、限られた情報しか入ってきませんでしたし。
[PR]

by snowdrop99 | 2012-09-05 23:15 | 映画

2011 My Best

今年は特に少なかったのではと思って、先日カウントしたんですが、
去年とあまり変わりませんでした。
(去年既にあまり見に行けなかった時期が・・)


邦画
探偵はBARにいる

次点 僕と妻の1778の物語

番外 薔薇とサムライ (純粋な映画ではなく「ゲキシネ」なため)



洋画
キック・アス
英国王のスピーチ
ミッション:8ミニッツ

洋画は全然ジャンルが違うので順位もつけにくいんですが、公開順の通りかな。


最近はめっきり時間がとれなくなってるんですが、3Dが見れない
(酔うため)のもあって、対象本数が減ってるため、スケジュールを合わせづらいのもあります。
来年はTVやG○a○も増えるかなぁ。
[PR]

by snowdrop99 | 2011-12-30 22:31 | 映画

ロッキーホラーショー

KAATに初めて行きました。
B(三階席)だったのもあって、音が割れて聞き取りにくかった。

a0002826_18295910.jpg


フランクはともかく、予習してないのもあって、他はメイクとヅラで誰だかよくわからず

a0002826_2131144.jpg



ROLLYは役としてはあまり出てこなかったのがちと残念。(訳詞担当)
(パンフによると「やりきった」らしいんだけど)

つべで調べたら、ほぼ忠実みたいです。
ROLLYの訳詞も空耳になるように訳したらしい。


来週も平日はまだあるけど、ペンライトもっていくなら、S席をおすすめします。



追記
オカケンはまだJ事務所らしいですよ、奥さん。
[PR]

by snowdrop99 | 2011-12-18 21:30 | ミュージカル・演劇

ミッション:8ミニッツ

死者の生前最後の8分間に意識を転送できる装置“ソース・コード“。列車の爆破事故の真相を探る命を受け、パイロットのコールターはこの装置で、ある犠牲者の最後の8分を体験することに。真相を掴む彼は何度もそれを体験し、やがて意外な事実に気づく。
エキサイト映画


エキサイトニュースだけでなく、映画もTBがなくなった模様

「月に囚われた男」が良かったので、見に行ってきました。
さすがにお金がかかってるw

イメージとしては、「月に囚われた男」「バタフライ・エフェクト」に清水玲子の「秘密」風味が若干入ってたり。
原題のSource codeじゃ日本人にはわからないから、このタイトルはしょうがないとして、キャッチ(「このラスト、映画通ほどダマされる」)がちょっと。
どの部分が?と思いますた。。


a0002826_20131537.jpg


公式サイト

なんと、ディズニー配給(の割にはちょっと(^_^;)というシーンもあるので大人向けぽいです)
[PR]

by snowdrop99 | 2011-11-10 22:13 | 映画

柳の家の三人会

a0002826_022337.jpg


土曜日に見てきました。
柳家花緑、柳家喬太郎、柳家三三に前座が花緑の弟子。

てっきり続いてるのかと思ったら、今回が初めてだったようで。
小田急が遅れてたのもあるんだろうけど、開演時には花緑とお弟子の二人しか楽屋入りしてないって(^_^;)

枕で一番オオウケしたのが、伊○丹の件。
ホールが駅からだと、伊勢○を通り抜けないとだめらしい。(というか一番近道)
で、うち一人は北海道物産展でひっかかってたらしいww(半分は作り話かもしれないけど、ありえる)

そうそう、話の最中に、携帯の着信音どころか、話をしてた人がいて、びっくりしましたよ。
噺家さんがなんとか切り抜けたからいいけど(新作落語だったし)、
しーんとした瞬間に声がよく聞こえたんだから。あれは何考えてるんだか(-_-;)
[PR]

by snowdrop99 | 2011-10-31 17:34 | ミュージカル・演劇

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊娠していた彼女が産み落とした赤ん坊チンパンジーを育てていたウィルは、シーザーと名付けた彼に高い知能があることに気付く。ある日、アルツハイマーを患うウィルの父親が隣人ともめているのを見たシーザーは、彼を守ろうと暴れ、霊長類保護施設に入れられてしまう。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) | ウーマンエキサイトシネマ


オリジナルを見たは正月の深夜映画を録画したやつだと思うんだけど、
CMが多くて飛ばしてみたような。。。
それと比べるとあらすじもきちんとしているし、つじつまが合うように(とりあえず)なってました。

それとやっぱりあれですかね、「中の人」が演じ、エモーション・キャプチャーで合成?しているから臨場感があります。

それにしても人間て、人間て…。(ヒント:お隣さん)
ちょうどマヤカレンダーの「地球最後の日」直前だったし、(信じてはなかったけど)RTで回ってきた滅亡方法を選んでくださいっていうので(実行済み)ってついてたのが(-.-)
確かに洪水、地震、津波は(ry


公式サイト

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise ofThe Planet of The Apes)(10月21日)
[PR]

by snowdrop99 | 2011-10-31 00:16 | 映画

探偵はBARにいる

“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高田と組んで厄介事を片付けるのが生業。ある晩、いつものバーで寛いでいると、コンドウキョウコと名乗る女が電話で依頼を告げる。ところが、その依頼のせいで“俺”は怪しい男たちに拉致され、人里離れた雪原で生き埋めにされてしまう。命からがら脱出した“俺”は事の真相を探り始める。そんな矢先、高級クラブ「コンチェルト」の美人ママ、沙織に出会う…。
探偵はBARにいる | ウーマンエキサイトシネマ


見に行こうと思っていてなかなかいけず、直接言われただけでなく、目にしたコメントでも「(R指定で)テレビでやらないだろうから」ということで、行ってきました。

なんか、まほろのハード版?と思ったら、松田龍平はあっちにも出てるし(-_-;)
(大泉洋はまほろの雰囲気は出ないか。。)
そして、この感じはなんだろうと見ながら思っていたのはあれです、「探偵物語」。

昭和の香りがするだけじゃないと思うんだけどどうでしょう?
(もちろん札幌が舞台ではないけれど)

見に行く少し前に「バディ映画」が流行っているという記事を新聞で読んだけど、
映画では昔はピンだったけど、テレビではずっとこういうのをやっていたからねぇ。(と記事でも書いていた)
ピンで張れないから、という理由よりはこういうスタイルを懐かしく思う人が映画を作ってるし、見たい人も多いのでは?

公開中に既に次回作が決まったようで、楽しみです。


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2011-10-20 15:53 | 映画