タグ:レビュー ( 286 ) タグの人気記事

僕と彼女と彼女の生きる道

クサナギ君の演技は先週までは薄っぺらだと思っていたのに、昨日の回は急にうまくなったような気がするのは気のせい?
ここのところ、ホテルビーナスの宣伝をいっぱいやっていたから、サブリミナル効果があったんだろうか。
もしかしたら、脚本がああいう感じで、父親としての実感がだんだんわいてくるような設定になっているのかも。(つまり本通り演じているという訳)

今回、いよいよクレイマーvsクレイマーならぬ小柳vs小柳になったけど(元奥さんは小柳姓を使用している?)見ていて、昼間病院で読んだ渡辺謙の裁判を思い出した。
きっとああいう感じで進められていくんでしょう。子供が大きくてよかったかも。

ラストの方で、小雪が携帯でクサナギ君が眠るまで携帯で話すシーンは、スポンサーがauなせいもあるだろうけど、なかなか進みそうで進まない二人の関係がグー。
続きを見たくなるようにしてあっていい。後何回あるんだっけ?
[PR]

by snowdrop99 | 2004-03-10 14:14 | テレビ

女神の恋

再放送、正確に言えば、再々放送をみている。
知らない人に簡単に言うと、夜の連続テレビドラマ、である。
ドラマをほとんど見なくなった私には見やすい月~木、11時から15分間で、金曜日深夜には再放送をしている。(もうちょっと早くなればいいのに。ついつい見てしまって、翌日寝不足になることもしばしば)

この枠は大体見ているが、プライドなどよりもずっと発想が斬新(あるいは典型的なものではない)で、展開も意外性があるとこ、かな。
しかし、ロッカーのハナコさんのDVDはわかるけど(放送中、大河ドラマよりも反響が多かったらしい)これもDVD出すとは。NHKも商売してます(^-^;

連続ドラマ公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2004-03-05 00:01 | テレビ

新撰組!

これまた数週間ぶりに見た。
実は、今日は見ないで録画しておいた別の番組を見ようと思ったんだけど、母に頼まれて、私が清書している間に母が新撰組!を見ようとテレビをつけていた次第。

三谷幸喜についてはかなり悪評があるけれど、まあ、娯楽だからそれほど目くじら立てなくてもいいんじゃない?
でも、今日のラストで、慎吾が大きく口をあけたシーンで、奥歯が銀歯だったのはちょっとまずかったかも(ーー;)
[PR]

by snowdrop99 | 2004-02-29 22:49 | テレビ

僕と彼女と彼女の生きる道

遅まきながらようやく、先週末と今日でたまってた分を見終わった。
見始めたには三週間ぐらい前なので、4,5話たまってたことになる。

誰かも言ってたけど、この話もリアリティない。
だいたい、専業主婦を5年以上やっていた人が、パリに行ってすぐにキュレーター(美術品の買い付け)なんてできるのかな?
きっと夫が働いている間にこっそり勉強したりしてたんでしょう。
(その割には夫に耐え切れなくって、唐突に、別れたような感じ?)

夫役の剛もねぇ。
演技はだんだんうまいと思えるようになったけど、銀行員ってそんなに魅力あるかな?
高収入な人ほどいつ切られるかわからないから、危ないと思うんだけど。

最近読んだコラムで、「クレーマーvsクレーマー」をベースにしてるってあったけど、見た人います?
[PR]

by snowdrop99 | 2004-02-29 22:45 | テレビ

てるてる家族

またまたNHKだが、やっぱりNHK,「みなさまの受信料で番組は作れています」なのだ。まあ、ウケが悪かった(私の周りでは)50周年記念の川なんて、失敗作もあるけれど、照る照る家族は結構デキがいいんじゃないだろうか?

最近はどこのテレビ局もHPと番組(この場合ドラマ)が連動しているが、NHKほど力が入ったものはないだろう。
まあ、連続テレビ小説ともなれば、半年間あるから、コンテンツも作りがいがあるというものだ。それに、平日や土曜日のBSでの再放送は見られないので、かなり飛び飛びだが、新聞に毎日あらすじが載るのもいい。

さて、てるてる家族を知っている人なら、ご存知、石田あゆみの家族を書いたなかにし礼の本を原作としている。なかにし礼は三女か四女のだんなさんである(このあたり、母にも確認したが結局わからず)

四女、冬子が主人公で、宝塚に行くが劇団には行かずに家業のパン屋になるという話。(現在はパン屋の修行中)
ちょうど、宝塚の卒業公演を撮ったあたりをサイトで見た後、ドラマを見たので、一人で朝からウルウルしてしまった。(ちょうど土曜日の回だった。)

私が登場人物で気に入っているのはお隣、松本書店の松本勘助(桂小米朝)。
キャッチフレーズが「時代に取り残された男(時代に流されない男)」
先週、ねえやの弘子(森口博子)と結婚したあたりはかなり登場したので、ちょっと気になって検索したら、ご本人は結構苦労をしているらしい。

名前からわかるとおり、桂米朝の長男だが、お母さんがパーキンソン病になり、双子の弟夫婦らと介護をしているそうだ。ドラマの本筋とはまったく関係ないが、そういう側面を知ると薄っぺらなアイドルよりはずっと親近感が沸くのだ。
(実際、彼は過去のNHKドイツ語講座に出演していたので、紹介がサイトにあったが、「ふーん」で終わってしまうようなものだった)

我が家も入院中の祖母(97歳)がいて、まさに老老介護。
果たして、両親がそうなったとき、私にはなにができるだろうかと、考えさせられてしまった。


PS 本編は夏子の「ブルーナイト・ヨコハマ」が登場し、いよいよ3月末に向けてラストスパート。今後どうなるか楽しみです(^_^)


Yomiuri On-Line 医療と介護 ケアノート
[PR]

by snowdrop99 | 2004-02-25 22:49 | テレビ

プライド

月9って。。。

おととい、3週間ぶりにプライドをみる。
月9って昔は話題性あったけど、今はねぇ。
っていうか見る側が年齢あがったせい?
確かに、会社でビデオ撮ってまで見てるってコは二十代です(^-^;

友達にも何で見てるの?っていわれたから、こう答えたんだけど。
「クイーン使ってるから」(笑)

イケメンにお金かけすぎて、脚本がしょぼいって話もちらほらあるし、雑誌でもひどい言われよう。まあ、予定調和ってとこですかね。1,2週飛ばしてもストーリがわかるっていうか。でも、それ以前に野島伸司の脚本は最近つまらんねぇ。
「夏と秋はつながってる」とか「秋と春はつながっていない」とか、ウケないと思うんだけど。。

ひょっとして、韓国のドラマがウケてるのを見て、古風にすればいいとおもったんだろうか??
[PR]

by snowdrop99 | 2004-02-25 09:56 | テレビ