<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

頂き物その2

a0002826_855497.jpg

先週いただきました。

スープはまだ食べてないけど、コーンキャラメルにはまってます。
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-29 08:55 | 日々のこと

パン食べ放題?の店

昨日、所要があった方面に住んでいる友達に前もって連絡し、終わったらご飯を食べに行く約束で、某所に。

【肉ぅ】が食べたい気分に(闇総裁以外にも結構美味しそうなステーキとかあったりしたのですよ)なっていたので、チェーン店の値段を調べたら、いいお値段なので、別のところに。

そこも【肉ぅ】があって、プラスパン食べ放題だったので、(新しいお店で)試しに入ってみました。

友達は【鶏ぃ】にパン、ドリンクつき。グラスワインを頼んでいました。
a0002826_22355339.jpg

(アップしろといわれたので、撮りましたw)

このドリンクつきになるのはお得なんですが、三種類しかなく、私は単品の(でもパンは付いてくる)和風ステーキ↓に。
a0002826_22402471.jpg

味はちとしょっぱかったんでつが、パンにソースをつけて食べるようになっている模様。

で、パンはこんな感じなので、割と種類は食べられました。
a0002826_2241139.jpg

(一回目は忘れて食べ始めたので、友達が撮影用に置いてくれました)

a0002826_2242923.jpg
a0002826_22423956.jpg
a0002826_2243181.jpg


最初、「食べ放題」なんていうから、てっきり自分で取りに行くのかと思ったら、店員さんがまわってくれるんですが、こんな(一見、愛【肉ぅ】連盟総会会場のような)システム↓のはずが全然見てくれないんで、意味がないんじゃないかと。。

a0002826_22451164.jpga0002826_22453718.jpg


パンは結構美味しかったです。
イ○ンの子会社っぽいんですが、なぜか○井にありましたw


私信:予算が大体わかった(というか、昔別の友達と行った事があるんですが、今回給料日前だった(^^;;)ので、今度はオージー?【牛肉ぅ】に行きませう。
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-28 22:51 | 日々のこと

【きのらん】パニーニ&アイス抹茶黒糖ラテ

a0002826_12494228.jpg


昨日は二度寝しちゃって起きたら9時半。
バナナでおなかいっぱいになったとはいうものの、
支度して食べるほどおなかは空いてなかったし(時間もなかったし)
昼ごはんを抜いて出かけて、人と会う約束の夕方まではもたないので、
いつものドトールへ。(なんか空いてました)

セットにはせず控えめにパニーニとアイス抹茶黒糖ラテにしました。
パニーニはチキンと野菜のト○ト煮込み(リンク下のほうに写真が)

姫と違って、アレが活力源だったりします。
ファーストフードとはいえ、【鶏ぃ】もしっかり味がするし、(ト○トマジックかもしれないけど)
パニーニのパンが結構うんまい。えっとここ、パン屋がやってるんだっけ?

つづく


More
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-28 12:55 | 日々のこと

秋バテ

このところの不調は、バナナが体質に合わないのか、
あるいは秋バテかと思いましたが、
どうも違った模様。

まあ、月曜日に(だけじゃないけど)お腹が痛くなるんですから推して知るべしなんですけど。
で、腹痛が原因の貧血に(>_<)


色々態勢が変わって、めっちゃヒマだったのですが、ようやく(以下自粛)

バナナダイエットは休むとリバウンドして・・の繰り返しですが、週末でスタートしてから3ヶ月。
とりあえずは次の壁を越えるために身体を動かさないと。
(ここのところ、天候不順と体調不良が交互にやってきて、あんまり歩いてません(汗))

ちなみにバナナの量は始めた当初は二本だったのが、
今は一本を良く噛まないと胃もたれに。
あ、でも会社に行ってから、おむすびの代わりにプリンとか食べてます(自爆)
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-25 13:49 | 日々のこと

五人囃子

が間もなく来るようですが、投票権も(興味も)ないので、撤収しますた。
雨あがってよかったね
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-21 18:00 | 日々のこと

おくりびと

所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。
おくりびと | ウーマンエキサイトシネマ


実は、もっと重苦しい映画かと思いパスしようかと思ってたんですが、急に思い立って水曜日に見てきました。

納棺師はこの映画で(というか、モントリオールの前からバンバン宣伝が打たれてましたけど)初めて知りました。
二年前に祖母が亡くなったときにもあまり覚えていないんですが、葬儀屋さんがやったような。
(父方の祖母ですが)母や叔父叔母が足袋や手甲をつけたりはしていましたが、すべて葬祭ホールでやっていたので、身内が見守ってという感じではなかったです。

その点、ロケ地が山形というのは、まだまだ自分たちの家で葬式をあげる風習が残っていて、納棺師が家を訪ねて・・・という設定にしやすいんでしょうね。
父方、母方とも祖父のときは自宅で葬式をあげましたが、どうしていたんだか。

最初にふれた重苦しさですが、あれは一般的なイメージなんでしょうかね。
実際、妻の美香や同級生が大悟の仕事を忌み嫌うというのと通じているのかも。

でも、納棺師の仕事は感情的にはならずにニュートラルに行うからか、
そして、(大悟がこの世界に入るきっかけとなったキーワードの)
「旅立ちのお手伝い」をするわけですから、そんなに重苦しくなくむしろ温かさを感じました。



ロケ地ですが、大悟たちが住む実家とか、行ってみたいと思ったら、
残念ながら、外側だけ現地ロケで、中はセットだそうです。

公式サイト

「おくりびと」心と気持ちが、優しくなれる映画。

実は大きな勘違いをしておりまして、笹野さんはてっきり銭湯の働かない亭主かと思ってました(ーー;)
実は常連客なんですが。>そういえばこういう人っていますよね。
じゃないと、ラストのあのシーンの辻褄が・・・。(そのシーンになって、ようやくわかったんですけど(汗))

研ぎ澄まされた空気のように
おくりびと
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-20 21:26 | 映画

撤収

今日は定時であがるようお達しがでて、いつも残業してる友達を待って(それでも20分ほど)たら、会社を出た時には降ってなかったのに、最寄駅に着いたら結構降ってました。

まあ、それでもたいしたことはなかったんですが、PCやってたら、近くに雷が二度程落ちました。地響き付きで(-.-;)

なので、慌てて電源を落として、とりあえずテレビとPCのコードを抜きました。(パソが遅いので、東電のサイトチェックをする余裕なし)

というわけで、本日の営業?は終了です(v_v)
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-19 22:49 | 日々のこと

頂き物

a0002826_12301535.jpg


会社でHKに行ってきた人のおみやげ。
左はねずみというより、チェブラーシカみたいでつが、
これが現地ではヒットしているらしい。<ってほんと?
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-16 12:30 | 日々のこと

【きょうらん】南部どりバーガー【限定】

a0002826_143454.jpg

甘酢が絶妙でオススメしたいところ、数量限定はいつものことでつが、これはエリアも限定(音に注意)なのですた。
関東北部は【鶏ぃ】よりメンチカツをお好みのようでつ。
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-14 14:03 | 日々のこと

グーグーだって猫である

愛猫サバを亡くした女性漫画家の麻子は、悲しみで漫画を描けなくなってしまう。ナオミらアシスタントも心配で仕方がない。そんなある日、麻子は小さな子猫と出会う。グーグーと名付けたその子猫と暮らしはじめて、麻子の日常は一変、元気な表情が戻ってきた。暫くしてグーグーの避妊手術のために動物病院に向かうが、その途中、グーグーが逃げ出してしまう。必死で探す麻子を助けてくれたのは、近所に住む青年・沢村だった。
グーグーだって猫である | ウーマンエキサイトシネマ


映画化決定前から原作を(立ち読みですが)読んだことがあるんですが、
原作と映画はまったく別物と考えた方がいいです。

最初と最後は原作、というより原作者の大島弓子の不思議感覚が表現されてるし、
実際に、本人のマンガを使っているし、雑誌なんて(原作を出版してる角川だけだけど)、
当時の表紙に名前だけ劇中の名前に置き換えてるので、すごくリアリティがあります。

ただウメズ先生と「森四中」はいらなかったんでは?でなければ
アシスタントはもっと控え目な登場の方がよかったと思います。
途中飽きて眠くなりました。
それから、英語のナレーションとアシスタント・ナオミ(上野樹里)のナレーション
両方はくどいかと。

それと、サバってオスだったと思うんですが、人間化したサバ(綿の国星でよく描かれた
人の姿をしたネコ)って、マーティ・フリードマンのほうがそれっぽいと思うんだけど、
それだと彼が演じているキャラとかぶるから、女性にしたのかも。

ペットロスで漫画がかけなくなったり、病気になって手術した後の夢の中、
あるいは夢遊病のようなシーンは大島弓子の世界をよく表現していると思います。

サトウのメンチカツはあれでまた行列が長くなるんだろうなぁ。。

公式サイト

「グーグーだって猫である」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by snowdrop99 | 2008-09-11 16:35 | 映画