カテゴリ:映画( 240 )

薔薇とサムライ

海賊たちが暴れ回る17世紀のヨーロッパ。美しき女海賊、アンヌ・ザ・トルネードは、義賊として民衆からも人気を得ていた。ある日、アンヌが前コルドニア国王の血を引く王女である事が判明し、王位を継ぐことになる。ニッポンからやって来た盗賊でアンヌの用心棒の石川五右衛門は、彼女を訪ねて城に潜り込むことに。そのコルドニア城では、国を牛耳る大宰相ラーカムが大海賊バルバ・ネグロと結託し、よからぬ企みを巡らせていた…。
ゲキシネ『薔薇とサムライ Goemon Rock Over Drive』 | ウーマンエキサイトシネマ



気晴らしに前売り終了(24日)直前に買って、昨日見てきました。

ゲキxシネもずいぶん変わったというか、おそらく舞台でも映像を使ってると思うんですが、ゲキxシネ用のプログラムでも言われてますが、天海ねえさんのPVです(爆)
宝塚出身でここまでやれる人が他にいるだろうかという感じ。

なにせ、イベリア半島で活躍する歌ってフラメンコ踊れる女海賊→(途中オスカル)→女王(ちょっとエリザベス1世風)ですから。オスカル風コスチュームは絶対狙ってるだろうし、(宝塚出身の人もいるし)ミュージカル風もたくさん。
その間に新感線お得意の笑ありといったとこでしょうか。
ちょうど去年の3月~劇団☆新感線30周年でやったそうですから、力入ってます。

a0002826_22213985.jpg


最初ちょっとつぶれた声なんだけど、あれはわざと海賊風だというのが後でわかります。
それにしても山本太郎、ヅラかぶってるから、てっきり某フィギュア好きの俳優かと思いますた。

公式サイト
公式ブログ
[PR]

by snowdrop99 | 2011-07-10 22:27 | 映画

アジャストメント

スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリースという女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。そんな彼の動向を“アジャストメント・ビューロー”のエージェントたちがチェックしていた。2年後、そのエージェントのミスからデヴッドはエリースに再会。しかし、エージェントたちから二度とエリースに会わないよう警告される。
アジャストメント | ウーマンエキサイトシネマ


水曜日に見てきました。
フィリップ・K・ディック原作と言われているけど、原作本「アジャストメント」では編者の大森望さんが、
全然違うと書いている!そして、NEXTよりマシと(確かにあれはひどかった)
まあ、日本の二時間ドラマでよくある「翻案」といったところでしょうか。

もっとSFっぽいかと思ったら、そうでもなく、記憶を失うという意味では
エターナル・サンシャイン風でも(特に前半はデヴィッドとエリース以外も)あった。
でも、マット・デイモンらしく仕上がっていて、友達に誘われて合う時間のものがこれだけという、
直前までノーマークで見に行った割にはよかったです。(って期待しなかったからかもw)

ところで、マット・デイモンってなんかおっちゃんになったような。
それとも役作り?

一緒に行った友達もそう思ったのと、「ディカプリオかと思った」そうです。(と書けといわれたw)


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2011-06-03 14:38 | 映画

英国王のスピーチ

1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。
英国王のスピーチ | ウーマンエキサイトシネマ


見に行ったのは休みを取っていた、9日なので、もう随分経ってしまい、おぼろげですがざっくりと。

イギリス王室はよく題材になりますが、ついこの前までエリザベス(皇太后)は生きていたわけで、
原作が出ていますが、(相変わらず)よくここまで描写するなと。
事実と異なるかもしれなくても、兄エドワードなんかは、これが日本だったらかなりまずいです。。

そして、歴史ではあっさりとものの5分ぐらいで終わるであろう、退位のあたりとか、
そうだったの?という感じ。
これが日本だったらどうなるんだろうと、(兄弟のリアクションとか)やっぱり比べてしまうのでした。
でも、絶対映画化されないだろうな、特に生きてるうちには。

a0002826_024494.jpg


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2011-04-04 15:21 | 映画

僕と妻の1778の物語

SF作家・朔太郎と銀行に勤める妻、節子は、人も羨む仲睦まじい夫婦。朔太郎は一旦小説を書き始めると声も聞こえないほど熱中し、新婚旅行も取りやめにしたほど。しかし、そんな朔太郎を節子は愛し、優しく見守っていた。ある日、節子は突然、激しい腹痛を訴え病院へ行くと、大腸ガンと診断される。医者から告げられた余命は1年。笑いに抗がん作用があると聞いた朔太郎は、節子を笑わせるために、1日1篇の短編小説を書き始める…。
僕と妻の1778の物語 | ウーマンエキサイトシネマ


アップするタイミングを逸したんですが(もう一か月ぐらい経ってる)とりあえず記事だけあげておきます。

見に行った理由(順不同)は

つよぽん主演
眉村卓がモデル(かつ作品が原案)
試写会で皇后陛下にお褒めの言葉をいただいた

です。
(三番目がなかったら、行きたくてもスケジュールがなかなか合わなかったのでいかなかったかも)


直前に眉村卓本人がNHKにでていたし、前半のシーンは古めかしい場所が多くて、
てっきり若いころの話かと思ったら、眉村夫妻をモデルにはしているけれど、
三十代の現代の夫婦として描かれたものでした。
(出版社は早川書房がモデルらしい)
でも、それによって、夫が風変りなのが余計に目立って、病気になる前の二人の関係がよくわかりました。

最初からないちゃうかと思ったら、そうでもなかったけれど、ラストは号泣。
泣くつもりで行ったからいいんですが。
やはり、自分の体験と重なるとなるみたいです。



公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2011-03-26 23:37 | 映画

ソーシャル・ネットワーク

マーク・ザッカーバーグは、友人のエドゥアルドにサーバ費用などを提供してもらい、ハーバードの学生だけが使える“ザ・フェイスブック”を作る。ザ・フェイスブックはすぐに多くの会員を獲得し、ハーバード大生以外にも人気を広げていた。しかしマークは、「アイデアを盗用された」と訴えられる。そして、サイトが大きくなり、マークが“ナップスター”の創始者に心酔するようになると、親友のエドゥアルドもマークから離れて行く…。ソーシャル・ネットワーク | ウーマンエキサイトシネマ


原作は未読です。
なんでも、4割ぐらいしか実話じゃないそうですし、本人には取材してないらしいんですが、
だいたいの成り立ちはわかるのではないでしょうか。

見てすぐ思ったのは、マークは異才(とクロ現で表現していた)の人だけど、
彼一人ではFBはここまで大きくはならなかったのではないかということ。(現在、6億人を突破したんだとか)
周りの人がいたからこそ、成長したんで、そういう意味でソーシャルなのかな。

でも、FBはきらいですけどw(アカウントは持ってるけど)

先週の水曜に見に行ったら、小さいスクリーンながら、けっこう混んでました。
隣の女子大生?は「前半はよくわからなかったけどおもしろかった」と言ってました。
流行ってるから見る、ぐらいだと、前半のハッキングとかわからなそう。

a0002826_10165643.jpg


公式サイト
世界最大のSNSサイト、Facebookの誕生を描く『ソーシャル・ネットワーク』(リンクのみ)

ジェシー・アイゼンバーグとご本人(ゆうつべ)
早口すぎて、最初の人がマークかと思いますた(爆)
解説記事(ABCDane.net)(リンクのみ)

エドアルド・サヴェリンについてはこちらが中立的記事だそうです。

「ソーシャル・ネットワーク」巨大SNSを創った、孤独な男の物語。
[PR]

by snowdrop99 | 2011-01-31 00:34 | 映画

キック・アス

ニューヨークに住むデイヴは、アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れているさえない高校生。ネット通販で購入したコスチュームを着て、勝手にヒーローになりパトロールするが、特別な能力があるわけではなく、最初の戦いであっけなく入院。しかし2度目の戦いぶりがYouTubeにアップされると、ヒーロー “キック・アス”はたちまち人気者に。一方、マフィアのボスのダミコが、組織に起きた最近のトラブルを“キック・アス”の仕業と勘違い。実は別に父娘のヒーローである“ビッグ・ダディ”と“ヒット・ガール”がおり、ダミコへの復讐の機会を狙っていたのだ。
キック・アス | ウーマンエキサイトシネマ


一日に行くか迷ってたんですが、昨日(2日)にポイントで鑑賞してきました。

R-15指定で、予告でもバタフライナイフが飛ぶなどして、どきどきしてたんですが、
血しぶきは出るものの一瞬かな。
(アメリカでも公開できるかとかいろいろぎりぎりだった模様。
ヒット・ガールが小さい女の子というのもあって、前半はあんまり出てこなかったりするんですよね。
ブラピもプロデューサーとして参加してますが、なんとかなって公開に漕ぎつけたらしいです)

一応主人公の高校生デイブの欲求とかリアルでいいですねぇ。
女の子に勘違いされたりするんだけど、その辺は大人は笑うとこということで。


コスチュームとか、デイブのダメっぷりは往年の「アメリカン・ヒーロー」ぽいけど、
あれはちゃんと飛んでたんですが、こちらは本当にダメダメというか、着てるだけのリアル感。
しかも、戦い?を録画されてゆうつべにアップされるとか、ネットで配信されるあたりは今っぽいです。

独立系ということで、スクリーン数は少なめですが順次回るとのこと。


公式サイト

公式サイトのニコラス・ケイジの紹介が「魔法使いの弟子」なんですが。。。最新作?

追記
ニコラス・ケイジ、みんな言ってるけど(結構真剣で)イイ演技なのは、アメコミオタクだからだろうか。。

「キック・アス」見た
「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く!
[PR]

by snowdrop99 | 2011-01-03 18:44 | 映画

2010 My Best

ぎりぎりになってしまいましたが
(実は今週もう一本見ようかと思っていたので)
今年のマイベストをさっくり決めました。
諸事情で本数が少なかったので、何を見たのかは右下の方にある映画カテゴリーをクリックしていただければわかります。

今年のマイベストは


インセプション

次点が

月に囚われた男

です。
インセプションはもうあれですね、お金もかかってるでしょうし、総合的に判断して、ということになりますが、
逆に月に囚われた男は全く反対のポジションで頑張っているという。


邦画は見ている割にはアレなものも多かったんですが、強いて挙げれば武士の家計簿(直近なので記事を参照してください)。
シーンだけみれば大奥での蔵さまのラブシーン?w


2010年 マイ・シネマ・ランキング!
[PR]

by snowdrop99 | 2010-12-31 23:02 | 映画

武士の家計簿

会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。
武士の家計簿 | ウーマンエキサイトシネマ


「武士」とあるのでずーっと堺雅人が主役で(=武士の姿で)いるのかと思ったら、
彼が演じる猪山直之が加賀藩にお仕えするところから始まり、息子の代まで若干描かれていました。
(ネタバレになるのでこの辺で)
直之とその両親、夫と妻、さらに父と子が描かれていて、江戸時代を舞台にはしても
不変なものを家計簿というデータを基にしているだけなのに描いているのはすごいです。
原作者というか、研究者が爆笑問題のニッポンの教養で紹介しています。

しかし、堺さんは相変わらず髷が似合いますね。(むしろ、明治時代の散切り頭はなんか変だった。)


公式サイト

奥の手作りゆえ
[PR]

by snowdrop99 | 2010-12-26 21:14 | 映画

大奥

男だけがかかる謎の疫病が蔓延し、男の数が女の4分の1に減ってしまった江戸時代。そこはすべての要職に女が就き、男は子種をほしがる女に体を売る男女逆転の世界だった。そんな中、一人の女将軍に3000人の美男が仕える大奥に、ひとりの青年が足を踏み入れる。困窮した旗本の実家を救うため、奥勤めを決意した水野祐之進だ。そこで大奥の贅を尽くした煌びやかな表の顔と、才色兼ね備えた男たちが熾烈な争いを繰り広げる裏の闇を目にし、衝撃を受ける水野。しかし彼自身も、やがて権力闘争の渦中に投げ込まれていく…。
大奥 | ウーマンエキサイトシネマ


昨日、初日に見てまいりました。
なので、ネタバレなしでいきますが・・・こんなだっけ?
もちろん大筋(赤面疱瘡から始まって)は合ってるんだけど、こんなシーンあったか?って感じ。
まあ、演出で多少変えてるんだろうけど、BL成分は原作より多いような。

どちらかというと、ただの男女逆転だけで(本当はあったかもしれない)女x女の裏返しである男x男はMELODYではほとんどなかったような気がするんですが。
私が読み飛ばしてるだけなんだろうか。

水野x垣添ならかわいいけど、松波、というか蔵さまx玉木って40代と30代だとリアルすぎ。
説明代わりに描いてあるシーンもあって、R指定はないけど、子供連れて行っていいんだろうか。
(いわゆるリアルなラブシーンはほとんどございませんが)

なんていうのが気になって、あまり集中できなかったです、はい。。
後、前半はアクションシーンが多くて、アップが多かったりで、
原作とがっかりするような違いはないんだけど、やっぱりJムービーかと。。

それと、エンディングは原作とはラストの切るタイミングが違うので、
当たったら次があるぞーという作りです。
そういう意味では、柴咲コウの吉宗はいいんじゃない?
(しかし、ああ華奢だと男版をやったのが西田敏行なんかだと同じとは思えません。男女逆だから同じじゃないけどw)


公式サイト

「大奥」みたよ。。。ネタばれなし
[PR]

by snowdrop99 | 2010-10-02 22:23 | 映画

インセプション

人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのコブは、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける“インセプション”の依頼を受ける。このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル集団を結成する。だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…。
インセプション | ウーマンエキサイトシネマ


水曜日に友達と見てきました。
(ぎりぎりの時間になってかなり大変でした。)

予告編はかなり見ていたし、ストーリーは把握できたけど、なんかわくわく感がなかったのはなんだろう。
ネタバレしてないレビューなのに、なんか結末が予想できたからなのか。

友達は途中で細部が気になって筋が追えなくなったらしいんだけど、
心理モノやSF、それとパプリカが好きな人には受け入れられそうです。

私は設定的には好きなんだけど、何と言ったらいいのか・・・。
大きく出すぎてイマイチなかんじ?
(あ、もちろんすごいのはわかりますが、どうも合わない)

でも、今朝ひさしぶりに見た夢はスパイものだったようなww(ソルトの影響もあるかも?(爆))

とここまで書いて、よそにコメント入れに行ってひらめいたんだけど、
エンディングのせいかも。(ここはネタバレなので秘密)あれはないよなぁ。。(以下略)

追記
大事なことを忘れたので追記。
1. 世界のKen Watanabeにいよいよなってきましたね。
あの時、役所くんだったらどうなってたんだろうか(ってあの映画はいまだにちゃんと見たことないんだけどw)

2. この映画のヒントはInceptionです。

3. 友達はエレン・ペイジが蒼井優に似てるって。確かに雰囲気はそんな感じになってきた。


公式サイト

インセプションがほんのちょっぴり面白くなるかもしれない、私の浅はかな知識。

どちらかというと、低予算ながら受賞している「月に囚われた男」の方が好きです。
[PR]

by snowdrop99 | 2010-08-22 21:12 | 映画