カテゴリ:映画( 241 )

僕の彼女を紹介します

「僕の彼女を紹介します」
僕の彼女を紹介します

just27さんKAZZさんからのトラバです。

本当は公開直後の12月22日(もちろんレディースデイ)に行く予定だったんですが、風邪(もしかしてノロウイルスかも?)のため、会社も休んだため、断念。
仕切りなおしで、5日に友達といってきました。

ネタバレな話はもうすでにあちこちで出ているので、やめときますが、この話、ゴーストや猟奇的な彼女と似てる、というより宣伝でもうばれてるし(苦笑)
その割にはお客さんはそこそこ入ってる(ってことは見には行ってるんですよね。)

ちょっと残念だったのが泣ける話かと思ったんですが、ラブコメとアクション物と悲恋あるいはオカルト?がまざってるんで、じわーっときても感傷に浸る余裕がなかったところです。

ちなみに、パンフレットに載っていた記事によると、チョン・ジヒョンは『猟奇的な彼女』の
イメージが強すぎて、映画の後2年間はCM以外の仕事がなかったらしいんだけど、またこんな役(婦人警官)で大丈夫?

監督・脚本のクァク・ジェヨンは『猟奇的な彼女』(韓国公開2001年7月)の後、あのビョン様の『純愛中毒』(韓国公開2002年10月)の脚色をやってるんですね。この人結構オカルトチックな話(ホラーの意味じゃなくて)が好きみたいです。
それと、結構遊びを入れてるようで、『猟奇的な彼女』を見てないとわからないのはつまらないかな。(私が録画しておいて、みてないだけなんですけど)

印象としてはちょっと泣いてちょっと笑える正月映画です。


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2005-01-10 16:13 | 映画

誰にでも秘密がある

会社の帰りに見てきました。

実は、最初は一人で行くつもりだったんですが、
会社で親しい人が行きたいと言って来たので、急遽二人に。
ラブコメだといっておいたのに、途中ラブシーンが予告で見ていたのよりも
過激で、どきどきしました。
(彼女は既婚者ですが、ラブコメって聞いてたのにとか、
つまらないとかなったらどうしようかと)
そんなわけで、初デートで見に行こうなんて人はご注意を。
#韓国映画にしては過激だと思ったら、イギリス映画「About Adam」の
#翻案のようで、韓国風に脚色したそうです。

イ・ビョンホン主演なので、当然女性が多かったんですが、
小さめの部屋だなぁと思って、今チェックしたら約200人入れるところ。
プレミアを除くと3番目に広い部屋でした。
ハウルをプレミア、1、2の3館でやっているから、この映画も結構人が入るってことですね。

#余談ですが、7時からのハウルはプレミアと普通ので上映していましたが、
#普通の(300人)はなんと売り切れてました。
#私が行ったシネコンでも1回に1000人がハウルの動く城を見たことに。
#そりゃ、興行成績がいいわけです。

誰にでも秘密があるの内容ですが、ネタバレにならないように書くと、
女性は映画を見ている間に、長女、次女、三女のいずれかにあてはめてしまうでしょう。
テレビドラマのチェ・ジウはメソメソしていて、好きじゃないですが、
この映画では新境地開拓といったところ。TVとはまったく違うキャラでかわいかったです。

エンディングは日本と韓国で違うそうです。
今日見たのは当然日本特別版なんですが、甘いんじゃないのって感じ。
TBSがスポンサーになっているようなので、そのうちTVで見れそうですが、
そのときには韓国版を見たいです。

5段階だと3かなぁ。でも見た後で軽やかな感じになれるので、
恋の気分を味わいたい時にはいいでしょう。


公式サイト(音がでます)
“キラースマイル”で『誰にでも秘密がある』が好調スタート(朝鮮日報:ネタバレ注意)

Nuguna bimileun itda(IMDb)
[PR]

by snowdrop99 | 2004-12-02 00:24 | 映画

「誰にでも秘密がある」ソウルから舞台挨拶

ソウルからビョンホンとジウが“生アンニョンハセヨ”

昨日、土曜日の深夜にやった誰にでも秘密があるの特番をみました。
内容的には、TBSがいままでに取材したものプラスアルファといった感じだったので、
目新しい物はさほどなかったんですが、韓国のメディアの取材にふと本音をもらすイ・ビョンホン。
同じことを何度も聞かれるのはしょうがないし、映画が売れればっていってましたが、人気者はつらいですね。

ところで、この舞台挨拶は初日に東京、大阪の会場とソウルを回線で結ぶと言うことで、
また一瞬のうちに売り切れるんでしょうね。
東京はヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズだそうです。
私はいけても近場のシネコンのレディスデイになりそうです。
[PR]

by snowdrop99 | 2004-11-24 09:37 | 映画

純愛中毒

アマゾンで購入したんですが、ようやく昨日みました。
ネタバレになるのであまりかけませんが、音楽が結構オカルトチック。
一応恋愛物のはずなんですが、同時に別々の場所で事故にあった兄の魂が
弟の身体に・・ってやっぱりホラーでしょ。

日本でこの映画をみても、ふーん、ですが、兄嫁が弟にひかれるってのは
韓国ではかなりタブーらしいです。
(ラストの時系列がよくわからなくなってるのはそのため?)

それはそうと、イ・ビョンホンは今作品の役作りのために、
B級ライセンスを取ったり、家具職人のところで家具の作り方を
習ったりしたそうです。
すごいなーと思ったんだけど、韓国の役者さんはみんなやるんでしょうか。

Jungdok(IMDb)
[PR]

by snowdrop99 | 2004-11-21 22:17 | 映画

日韓国交正常化40周年記念「韓国映画祭」

BananaBlogさんからのトラックバックです。

日韓国交正常化40周年記念「韓国映画祭」が来年の1月24日(月)から30日(日)まで、銀座ヤマハホールで行われます。

ラインナップをみると結構おもしろそうですが、この手のっていつもいきそびれるんですよね。
しかも銀座。土日しかいけそうにありません。
土曜日は「彼らだけの世界」(イ・ビョンホン主演)、日曜日は「敗者復活戦」(チャン・ドンゴン主演)なので、
一日4回の上映ですが、またあっという間に売り切れになりそうです。
(e+の発売は11月18日10時です。)

e+(韓国映画祭で検索してください)
[PR]

by snowdrop99 | 2004-11-13 18:10 | 映画

笑の大学

笑の大学
Scene416 三谷幸喜の綿密な計算勝ち「笑の大学」

そんなわけ↓で笑の大学をみてきました。

三谷作品は好きなんですが、映画は始めて。
(だいたい、日本映画はあまりみないほうなんで、前作も見逃しちゃってます。)

やっぱり役所広司が主役の映画です。
ちょうど予告をやっていたローレライも見たくなっちゃいました。
(あ、制服萌えがはいってるかも?)

吾郎ちゃんは三谷幸喜が指名したぐらいだし、ちゃんと作家の雰囲気がでてました。
ぱんちゃんはわざとらしいと書いていたけど、座付き役者作家らしくていいんじゃないかと思います。
(でもよくよく考えるとコントっぽいし、そうなるのは慎吾も一緒で、
コントの癖が直ってないのかもしれません。)
演技はハウル(予告編)のキムタクよりはかなりマシかと。


公式サイト(音が出ます)
お知らせがココログになっています。
[PR]

by snowdrop99 | 2004-11-10 22:46 | 映画

シュレック2

長靴をはいた猫 

「魔の水曜日」にもかかわらず、見に行けました。
というか、一人で行くつもりになってると、どうしてもずるずると仕事がはいって、いつもいけず(泣)
昨日はシュレック2かモナリザスマイルのどちらかなら大丈夫な時間帯だったんだけど、
シュレック2にして正解でした。(それ以上遅く帰ってたら、もっと調子悪くなってたかも)

CGも実写のようで、さすが、HPのテクノロジー。
(人間は実写からおこしたんじゃないかって思ったくらい、リアルだったし)

ネコちゃんいいですよね。
字幕版をみたのに、なんか竹中直人みてるみたい。
ってことは、竹中直人はアントニオ・バンデラスと同じラテンノリなのか。。



eiga.com注目作特集
[PR]

by snowdrop99 | 2004-08-12 12:39 | 映画

恋愛適齢期

a0002826_164255.jpgこれもようやく見てきました。
やっぱり、水曜日のレディースデーはいけず、昨日見てきました。

この話は誰が主人公なんだろう?と思いました。だって、ハッピーエンドになる前にいろいろと伏線がありすぎ。
名前の順だとジャック・ニコルソン、ダイアン・キートンとなってますから、やっぱりジャック・ニコルソンが主役なんでしょうねぇ。(そして、キアヌくんは脇役。監督に言わせれば重要な役だそうですが)

NYに戻ってから、ばったりエリカと再開するハリー。でもまたまた若い女性と一緒で、エリカは自分がハリーに恋していることに気がつき、傷心のまま、ハンプトンの別荘に戻る。実は、ジュリアンとの約束を娘のためにすっぽかしてしまった(連絡ぐらい入れろよ、って思う。)彼女。でも、ジュリアンは彼女を許し・・・、となったので、てっきりジュリアンとハッピーエンド?あれ?
で、ハリーが別荘を去る前に約束した1月にパリで、を果たすわけだけど、結局最後の最後でジュリアンが身を引くのよね。ジュリアン、いい人すぎる。さわやかだな(笑)

映画館からでてきたら、後ろを歩いていたカップルが話が聞こえてきたんだけど、彼氏はもっとジュリアンや娘がからむのかと思ってたそうです。そりゃそうだよねぇ。もっと四角関係か、娘がもっとからみそうだもの。あっさり身を引くところが、ハリーのお好みに合ってたんでしょうが。

アメリカにはThe Internet Movie Database (IMDb)というサイトがありまして、俳優さん、女優さんのみならず、スタッフも検索できます。

これで試しにキアヌくんを検索したら、あれ?私これみてるじゃん(汗)なんてのもありました。すっかり忘れるほどたいしたことなかったのかな?(爆)パンフのプロフィールにも載ってなかったりするし。
Keanu Reeves(English)


[PR]

by snowdrop99 | 2004-05-02 16:38 | 映画

GOOD BYE LENIN!

ようやく見てきました。
会社が近いシネコンでやってたんですが、水曜日になかなかいけず、そのうち終わってしまって。。ずっとやってる(やってた?)恵比寿も家からではちょっと遠くて、断念してました。
そして、30日に最近よくチェックする地元(シネコンよりはずっと近い)映画館でやってるじゃないですか。しかも1日は1000円の日。こりゃ行くしかない、と行ってきました。

お話は東ドイツが舞台で、メインは壁がなくなって、ドイツが統一されるころなんですが、あー、私あの頃、なにやってたんだろう、って感じです。
もちろん、89年~90年はとっくにオトナどころか、社会人をやってたわけですが、あの頃ってうーん、テレビあんまり見てなかった?(Nステとか)

しかも、ドイツ語が第一外国語のくせして、今までドイツ語圏に行ったことがありません(^^;
学生時代、東ドイツに行った友達から聞いた話では、一旦東でマルクに変えたら、西の通貨には換えられないから、使い切らないと、なんてこともありましたっけ。。
資本主義にさらされていく東ドイツの人たちがこの映画では描かれていますが、ロシアと同じような(こちらはもうちょっと覚えがあるので)感覚を覚えました。

そして、昨日、ちょうどEUに旧共産圏の国が加わって、25カ国となり、あちこちで取り上げられていましたが、花火をあげたり、記念式典をしたりして、人々が喜んでいて、ちょうど、この映画の中で、東西が統一されたシーンをライブでみているような感じがしました。

でも、うるうるしちゃうだけの映画じゃなくて西からやってきたアレックスの同僚が映像マニアで、お母さんにショックを与えないため、ニュースを捏造しちゃうところなんて、笑えましたし、アレックスが回想する形でナレーションが入ってるんだけど、ところどころ皮肉がきいていて、アカデミー賞(最優秀外国語映画賞)など取ったのも当然だろう。

eiga.com新作映画評
オフィシャルサイト(音が鳴ります)
[PR]

by snowdrop99 | 2004-05-02 15:46 | 映画

ロード・オブ・ザ・リング

王の帰還

今日、ようやく見てきました。
劇場鑑賞券があたっていたのに、時間が合わずなかなかいけませんでした。
なにせ、映画館が指定されていたので、平日行くとしたら、会社を休むか早退するか、そうでなければ、終電がなくなるので、友達に泊めてもらうしかなかったもんで。

実は、1はテレビで見たけど、2は見てないんですが、約20年前に読んだ原作の記憶をたどりつつ、eiga.comの1,2の予習用あらすじ(デートではじをかかないとかあった(笑))で、お勉強。おおまかなところは覚えていたけど、当然、細かいところは忘れていたので、それはそれで、楽しめました。

やっぱりアカデミー賞をとるだけある、大作です。
サムがフロドを背負って滅びの山をのぼるところはじわ~っときちゃいました。
友達に対して、サムのようになれたら、とも思いました。

原作また読んでみようかな。

The Lord of the Rings: The Return of the King
[PR]

by snowdrop99 | 2004-04-10 23:10 | 映画