スター・トレック

約200年後の未来。宇宙探索のために作られたエンタープライズ号に乗り込んだ青年ジェームズ・T・カークの成長と、カークの目線と重ね合わせ、宇宙へと進出していく人類の運命と希望を描く。
スター・トレック | ウーマンエキサイトシネマ


アメリカではトレッキーではなくても、ほぼ誰もが知っている話なのに、映画はほとんど出ていないような、若い役者さんを使ってるのが新鮮ですね。
「エピソード0」だから、若いのは当たり前ですが、これなら、あまり描かれていない話もできます。
というか、40年以上前なら当たり前だった話も今ではまずいんじゃないの?ってのもありますし。
(キャプテンが港、港にに女ありってのも、今時どうかと。)で、意外ともてなかったりw
そういう意味ではキャサリン・ジェイン・ウェイが一番好きだったりします。
(TV最新のエンタープライズは見てません。)


アメリカのTVスポットだと「親父の世代のStar Trekではない」(↓参照)ってあったんですが、
リ・イマジネーションというだけではない別物です。
(これ以上はネタバレになるので内緒)
しかし記憶がおぼろげなので、後から(いわゆる正史を)一部復習しましたよ。



キャプテン・クリストファー・パイク役のブルース グリーンウッド、しぶくてかっこいい。
どこかで見たことがと思ったら、ナショナル・トレジャー2で大統領役(名前はないw)をやっておられます。

日本のファンサイトによれば、スポックはかなり本人(レナード・ニモイ)に似せて演じてるらしいです。(ちなみに、映画の内容については、賛否両論らしい。)
ザッカリー・クイントの目力なら少佐(って、あの人ですよ)を演じられるかも?と思ったのは
ここだけの話ですが、フツーの顔だとそうでもないから、やっぱりメイクの力なんでしょうか。
エリック・バナもヘンリー・チューダーをやったその人とは思えんほど顔が(ry



しかし、私が見たところ(会社に一番近いシネコン)では、公開第一週だというのに、
四番目に大きいスクリーン(一応200人入れますが)でした。
一番目と二番目はル○キ○ズだったんですが、やっぱりワカモノが多いのか?

公式サイト(日本語版)
公式サイト(英語版;音に注意)
←こっちは仕掛けが派手だけど、壁紙のDLなんかもできます。
IMDb

天使と悪魔 そして スタートレック
「スター・トレック」これは、傑作!
[PR]

by snowdrop99 | 2009-06-06 16:45 | 映画