P.S.アイラヴユー

最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くしたばかりのホリーは、失意で電話にも出られず自宅に引きこもっていた。やがてホリーの30歳の誕生日がやってきた。届いた贈物の箱を開けてみると、テープレコーダーに入ったジェリーからのメッセージが。思わぬプレゼントに喜びと驚きを隠せないホリー。翌日、メッセージの通りジェリーからの手紙が届けられた。それから、次々と消印のない手紙がホリーのもとに届くようになる…。
P.S. アイラヴユー | ウーマンエキサイトシネマ


先週のTOHOの日に鑑賞。
思っていたよりも泣かなかったのは、予告編で期待値が高くなりすぎたせいだと思います。

全体的にはよかったんですが、つっこみどころが。
ジェリーの手紙はてっきり10日連続で来るのかと思ってたんですが、
あれじゃ、忘れるにも忘れられないんじゃないかと。

アイルランドで出会う男性もあれって、できすぎじゃないの?と思います。
それと、ホリーの独身の親友って、ホリーのいい面を出すためでしょうけど、強調しすぎですよ。
(いかにも、金融不安前のアメリカって感じもするし。←ある意味郷愁を誘います。)

原作には親友も男性もでてこないらしいけど、
(その上、舞台はアメリカでなくてアイルランドのみ)メリハリをつけるところがハリウッド的?
(ダニエルがちと気の毒です)

その代わり、アイルランドにはすごく行きたくなったから、プロモーション的にはOKなんでしょう。

a0002826_818591.jpg


オリジナルが気になったので、原作(もちろん日本語版、林真理子訳)を図書館で予約しました。
[PR]

by snowdrop99 | 2008-11-19 13:16 | 映画