パコと魔法の絵本

一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本を読み聞かせるように。しかし、事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫は、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかける。
パコと魔法の絵本 | ウーマンエキサイトシネマ


先週見てきたんですが、ちと事前情報が多すぎたかな?
予告編でだいたい予想がついちゃったし、会社の人が舞台版を見て号泣したそうですが(それで見るなら週末じゃないとまぶたが腫れるといっていたぐらい)、私は涙腺を刺激されませんでした。
(その人も映画はそれほどではなかったらしい)

主演の役所広司とアヤカ・ウィルソンのからみよりも、妻夫木と土屋アンナのほうがうるうるしました。
売れなくなった元子役ってのがすごいです。
ところで、彼が作中でぶーたれますが、杉田かおるは子役のイメージは早々にぶちこわしてますよ。
金八先生で、中学生の妊婦をやってますから。

それと、阿部サダヲがすごいです。
ストーリーの本筋とは全く関係ないので、好き放題?(いやホントは意味があるんですけど)で、タニシになって、池に潜んでタイミングを待ってたときには、気が遠くなったんだそうな。
<身体を張ってますw

子ども向けのストーリーのようで、実はこれ、オトナ向きな気がします。

公式サイト


「パコと魔法の絵本」大人が泣けるおとぎ話。
[PR]

by snowdrop99 | 2008-10-01 13:27 | 映画