やわらかい手

ロンドン郊外に住む未亡人のマギーは、重病の孫を救うべく手術費用の工面に奔走する。長引く闘病ですでに自宅は手放し、借金をするにも抵当がない。専業主婦の中年女に今更働き口が見つかるはずもなく途方に暮れていたとき目にしたのがセックスショップ「セクシー・ワールド」の“接客”の求人。“接客”の中身を知らずに飛び込んできたマギーにオーナーのミキは呆れるが、その滑らかな手を見て雇うことを決める。
やわらかい手 | ウーマンエキサイトシネマ


これまた、予告編のマジックで、もっとコメディタッチかと思ったんですが、
そうでもなく、シビアなところはシビアなんですが、孫が渡豪して治療を受けるための費用を
工面できるという意味ではファンタジー?なんでしょうか。





いかややネタバレ

自分には子どもさえいないけれど、親というものは子どものためならなんだってするんでしょう。
だから、男性(実の息子)は否定するけれど、やはり子どもを持つ女性(嫁)はマギーを受け入れる。

それと、フツーの生活をしていたときの隣人(他者)との偽善的な付き合いと、
そういう人たちからみたら卑しい職だけど、
心から触れ合うことができたミキとどちらを取るか。
そんなことを自分に置き換えて考えてみたりできる、実は奥が深い作品でした。


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2008-07-22 00:23 | 映画