ONCE ダブリンの街角で

アイルランド、ダブリン。多くの人が行き交うグラフトン・ストリートでオンボロのギターをかき鳴らし自作の歌を唄う男がいる。そこに一人の女がやってきた。10セントのチップを出し、あれやこれやと男に質問する。挙句、掃除機の修理の約束をさせられてしまう。翌日、壊れた掃除機を持って女が現れた。途中、ピアノを弾かせてもらえるという楽器店に立ち寄った。彼女の腕前に感心した彼は、一緒に演奏することを提案するのだった。
ONCE ダブリンの街角で | ウーマンエキサイトシネマ


上のリンク先にネタバレっぽい解説もありますが、アイルランドは移民が多いらしく、女(マルケタ・イルグロヴァ)もチェコから家族でやってきていて、チェコでプロだったかはよくわからないけれど、ピアノはかなりの腕前という設定です。

実際に、アイルランドの人気バンドThe Flamesのグレン・ハンサードとソロアルバムで共作したマルケタ・イルグロヴァが演じていて、監督ジョン・カーニーも元The Flamesのベーシストなので、音楽映画ってこういうのを言うんだって感じ。

下の記事の作品とか、やはり男女が一つの曲を作る過程でカップルになる作品とかハリウッドでもあるけれど、それって絶対にハッピーエンドになるのと違って、(これもラブストーリーにジャンル分けされるけど)これは原題の文字通り”ONCE"です。(これ以上書くとネタバレなのでやめときますが)

ちょっと画像が荒いかなぁとは思ったけど、その辺りがホームビデオで撮った日常を表現しているようです。

公式サイト

映画で学ぶアイルランド
[PR]

by snowdrop99 | 2008-07-12 20:27 | 映画