奇跡のシンフォニー

両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。一方結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラと父ルイスも、それぞれの想いを胸にマンハッタンを目指し……。
奇跡のシンフォニー | ウーマンエキサイトシネマ


シネコンでのスクリーンのサイズがそう大きくないので期待はしてませんでしたが、
またしても、予告編にだまされました。。

フレディ・ハイモアの演技を見に行ったと思えばまあよいかと。(映画の日だったし)
どちらかというと、小公女の現代版のような感じ。(小公子はストーリー忘れました)
あるいは若干TVの「家なき子」風味ですかね。

音楽がテーマの作品ですが、私がじーんときたのは、エヴァンが逃げ込んだ教会で
ゴスペルを歌っているところに遭遇するシーン。
あれは実際に教会でゴスペルを歌っている団体がオリジナル書き下ろしらしいですが、ああいう感じで使われるんですね。
と思ったら、アカデミー賞にノミネートされたそうです。

それにしても、2007年制作になってますが、これ彼がいくつの時に撮影したんでしょう?
どうみてもローティーンに見えますが、既に15才は過ぎていると思われ・・・。

a0002826_625240.jpg



公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2008-07-03 15:07 | 映画