椿三十郎

上役の汚職を暴こうと、井坂ら9人の若侍が社殿に集まった。そこへひとりの浪人が現れ、9人を殺しに来た刺客を返り討ちに。浪人を加えた一行は、井坂のおじである家老の屋敷へ急ぐが、家老は何者かに誘拐されていた。椿三十郎 | ウーマンエキサイトシネマ


水曜日に見てきました。

えー、初時代劇(映画では)、初織田裕二(おそらく連ドラもちゃんとみてないかも?)だったから入り込めないのかなと思いましたが、興行成績はあまり・・・らしいです。
レディースデイでも空いてましたから。(一番大きいスクリーンのせいもあるでしょう)

黒澤脚本ということでそれっぽい(と思われる。これまたちらっとしか見てませんから)モブシーンなんかもありましたが、どうなんでしょう?
もっと深いほうが好みですが、これはプロデューサーの角川春樹が「若い人たちに黒澤を見てもらいたい」と作ったらしいので、なんとも言えません。

城代家老夫人(中村玉緒)って天然キャラですが、
武家の妻だともっときりっとしてるんじゃないんですか?
まあ、天然じゃないと、脚本の辻褄があわなくなっちゃいますが。

豊悦がきりっと引き締めてましたね。
織田裕二が主役だと相手役はこのぐらいになるのかな?
そうそう、蔵さまが大河とは全然違う(というか正反対の)キャラで、いい味だしてました。

「椿三十郎」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by snowdrop99 | 2007-12-09 22:39 | 映画