夕凪の街 桜の国

 原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷になっていた。そんな彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実に原爆症の症状が……。半世紀後。今は東京で暮らす皆実の弟・旭は、家族に内緒で広島の旅に出る。そんな父を心配する娘の七波は、ひょんなことから友人の利根東子と共に、旭の後を追って広島へ向かう……。
goo映画


タイトルは一つですが、最初「夕凪の街」と「桜の国」で別々にストーリーが展開されます。(そして最後に一つに。)原作は未読ですが、やはり最初に「夕凪の街」が発表され、それだけでは作者が書き足りず、「桜の国」を発表したそうです。

「夕凪の街」がやや重たい感があり、逆に現代の「桜の国」ではごく普通の若者である七波が自分の出自をもたどることで内面が変わっていくさまを表現しているようですが、ちょっとこじつけてるような。。

むしろ「夕凪の街」だけでもよかったかもしれません。
でも両方があってこそ、成り立つのかも。




ややネタバレですが

後半に、叔母の皆実の最期を出すことでストーリーに統一感をだそうとしたようです。
ちょっと現実的でない設定がでてきたり(これは原作にはないようです)しますが、自分自身が受け継いできた命についても改めて考えさせられました。

原爆について、私はいままで、投下直後の映像などでしか知りませんでしたが、助かったといっても後遺症に悩まされたりして、その思いが皆実の一言で表されていると思います。
これはもっと多くの人に見てもらいたいです。


公式サイト

夕凪の街 桜の国 | ウーマンエキサイトシネマ

「夕凪の街 桜の国」2007年上半期に出会った、最も素晴しい1本。
[PR]

by snowdrop99 | 2007-08-19 09:48 | 映画