パッチギ! LOVE&PEACE

1974年。息子の治療のために一家で東京に来たアンソンは、宿敵・近藤と再会し争いごとに巻き込まれる。彼を助けたことが原因で国鉄をクビになった佐藤と知り合い、親しくなったアンソンは彼と共に無謀な計画を立てる。
パッチギ! LOVE&PEACE | Excite エキサイトシネマ


 1974年、東京。江東区枝川でサンダル工場を営む叔父夫婦のもとに身を寄せるリ・アンソン一家。難病に冒された幼い息子チャンスの治療のために京都から出てきたものの、医師の下した診断は厳しく、さらに多額の費用が必要なことがわかり、乱闘騒ぎをきっかけに親友になった元国鉄職員の佐藤と命がけの計画を立てるアンソン。妹のキョンジャは稼ぎのいい芸能界に飛び込むが、人気俳優の野村と出会い恋に落ちて…。
映画生活


前作の続きのようで続きでない感じ。
(主役のアンソン、キョンジャの二人は別人が演じてるからしょうがないけど)

ユリ・ゲラー、大磯ロングビーチの水中大運動会、ブルース・リーや仮面ライダーアマゾン等々、懐かしいです。あと、コーラを飲んだら歯が溶けるって、よく言ってたなぁ。。

それに西島秀俊演じる二枚目俳優の長髪もすごいですね。
あんな感じの人いましたよ。中村雅俊もあのぐらい長かったような。


ストーリーは難病物と芸能界の裏側?と1944年(プログラム曰く、彼らの現在からみた過去)と盛りだくさんで、ちょっとせわしなかったです。実際のところ、切り替えが早くて、ひたってるヒマがあまりなかったです。

キョンジャが出演することになる映画が今公開されている某映画と似ていると言われていますが、どうなんでしょうね。それよりも、10年ほど前にテレビドラマに起用された(当時)売れっ子の女優さんが途中で降板したのが、大物脚本家(とあえて言っておきますが)が軍事工場で働いていた云々のくだりを演じるのがつらかったらというのを思い出しました。(今でも理由は公表されてないようですけど)


エンドロールでテーマ曲が流れるんですが、前作より当時の曲が少ないと思ったら、鼻歌やサキソフォン(笑→このシチュエーションは今だったら・・・です。ネタバレなのでナイショ)とかで、さりげなく使われてるんですね。

そして、「あのすばらしい愛をもう一度」。
これは、本編では泣けなくてもじわっと来ました。>特にチャンスのパート
ぜひ、エンドロールも座ってご覧になることをおすすめします。

でも、1のほうがよかったです。

公式サイト

「パッチギ! LOVE&PEACE」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by snowdrop99 | 2007-05-30 15:48 | 映画