クイーン

 97年5月にブレアが首相に当選。その3か月後、ダイアナ元皇太子妃が自動車事故で亡くなった。息子チャールズと離婚した彼女の死に沈黙するエリザベス女王には国民の不満が集まり、女王を擁護するブレアは苦悩する。
クィーン | Excite エキサイトシネマ


事故の後、よく言われていたようなもっとスキャンダラスな内容かと思ったら、タイトル(原題"The Queen")の通り、エリザベス2世を中心にした話でした。(じゃなきゃ、さすがに王室が許さないと思われ)
エンドロールに「実話に基づいたフィクション」と書いてあった(と思います。早くて読むのがやっとでしたが)のに、本当にこんなことがあったのではと思わせる内容。

そして、アカデミー作品賞、主演女優賞を受賞しただけあって、ヘレン・ミレンはぱっと見はあまり似ていないのに、しぐさはそっくり。マイケル・シーンのブレアなんて笑い方までそっくりでした。
それでも「物真似」で終わらないのは、演技でも似せているからなんでしょう。

フィリップ殿下も似ていたけれど、チャールズ皇太子はどうなんでしょう?
結構いい人っぽく描かれていたような気がします。(本人よりも見た目もよかったかも(笑))


ダイアナについては、今では評価が変わってきているとプログラムにあったけれど、そうなんでしょうか?ちょうど、見に行った日に読んだ新聞記事(asahi.com; 実際には新聞で読んだので、若干内容、文字数が異なります)で、以前見た「太陽」や今話題のあの方とも比較してしまいましたが、やはり、王権神授説から始まっているヨーロッパと日本とでは、元々の成り立ちが違うんでしょうかねぇ。。


公式サイト

「クィーン」英国王室、最低・最悪の7日間…。
彼女こそ鉄の女なのかも「クイーン」
[PR]

by snowdrop99 | 2007-05-06 19:59 | 映画