ハッピー フィート

心の歌を大切にする皇帝ペンギンの世界で、音痴のマンブルは小学校を落第。うっかり流氷に流された彼は、異国のペンギンに踊りの才能を認められる。やがて国に戻った彼は、伝統をかき乱したとして長老から追放されてしまう。
ハッピー フィート(字幕版) | Excite エキサイトシネマ


アニメというと子供向きのようですが(実際、会社の近くは字幕はレイトしかなくなってしまいました)、特に後半はかなり辛口です。

赤ちゃんペンギンはすっごくかわいいんですが、「心の歌」って、ペンギンの婚礼の歌ですから。それを赤ちゃんのうちから途中まででも歌うグローリアって(^^;;

そんな中で音痴で歌えない(お父さんのメンフィスが卵時代にあることをしたからですが)マンブルはダンスのほうが上手。それは皇帝ペンギンの間では変わり者というよりも異端児として長老から追放されてしまうのですが、彼は別のペンギンの国では受け入れられるんですよね。

それでメデタシメデタシではなくて、二転三転するわけですが(ネタバレなのでヒミツ)これって、子供には難しいと思いますよ。吹き替え版でも歌はオリジナルらしいし。

その代わりといってはなんですが、(途中何度か泣いちゃいましたし)大人には十分楽しめると思います。モブシーンは合成とはいえ、感動ものでした。
プリンスやEW&Fとかでてくるし、ミュージカルというよりペンギンによるダンスムービーって感じです。


公式サイト
(音に注意)にあるアデリーペンギン5人組のアミーゴスのマイウェイ(ロビン・ウィリアムズがスペイン語で歌ってます)はサイコーです。(ムービーにあります)
フラッシュがちょっと重いです(^^;)

a0002826_21595711.jpg



「ハッピーフィート(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by snowdrop99 | 2007-04-08 21:56 | 映画