王の男

王の男

王の男

★★★★[80点](0-100点)

 16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか…。
映画生活より



韓国では四人に一人がみた大ヒット映画だそうですが、1週目のレディースデーなのに、お客さん少なかったです。。。5時まわってたから、おばさま方はほとんどいなかったんでしょう。

日本では燕山君(ヨンサングン)といってもほとんど知られていませんが、歴史上一番の暴君だったそうなので、韓国では誰でも知ってる歴史上の人物を扱ってるから、日本で言うと信長、秀吉を描いた感じなんでしょうねぇ。
日本では角川が配給してるけど、暮れじゃなくてもっと早く封切りにすれば、もうちょっとなんとかなったんじゃ・・・。


ストーリーはよくできてるし、韓流のパターンではありますが、笑いあり、涙ありで、それでも「どこかでみたことあるような」パターンではなかったので、飽きがこないどころか、重臣でさえ、指を切り落とせなんていう暴君相手です。
見ているこっちも、チャンセンとコンギルの行方にはらはら。でも笑わせるシーンは見てるこっちも館内のあちこちでくすくす笑ってました。
若い子が数人ずつ見に来てましたが、チミタチ、映画館でももっと笑っていいんだよ・・・。

しかし、燕山君は不幸な王様ですね。暴君は暴君ですが、実の母親を父である先王に服毒により処刑されたのと、8歳にして、王位継承者に指名されたことが、彼の精神にかなり影響を与えたようです。
その時代の日本だったら、天皇になっても、かなりブレーキがかけられると思いますが、儒教社会の当時の朝鮮では臣下も諌めることはできても、(いや、王がいっちゃってるから?)ブレーキをかけられません。逆に油を注いで利用しちゃった人もいますが。。。
(ちょうどチャングムもこの時代で、お父さんは処刑されたようです。)



チャンセンとコンギルは旅芸人ですが、彼らは実際かなり伝統芸能を習ったそうで、チャンセンを演じたカム・ウソンは家の庭にロープを張って、綱渡りの練習をしたんだとか。

イ・ジュンギはホテル・ビーナスにでていたけれど、あんなに美しくなるとは思いませんでした。面長で目は細いけれど、そんなに女っぽくないのに、あそこまで女形らしく見えたのは、女性らしさを研究したからのようです。

公式サイト
Wang-ui namja (IMDb)

Posted by yuki on 2006/12/14 with 映画生活


[PR]

by snowdrop99 | 2006-12-14 00:38 | 映画