太陽

太陽

太陽

★★★☆[70点](0-100点)

 闇は、まだ明けなかった。1945年8 月。その時、彼は庭師のように質素な身なりをしていた。その人の名前は、昭和天皇ヒロヒト。宮殿はすでに焼け落ち、天皇は、地下の待避壕か、唯一被災を免れた石造りの生物研究所で暮らしていた。戦況は逼迫していたが、彼は戦争を止めることができなかった。その苦悩は悪夢に姿を変え、午睡の天皇に襲いかかる。みるみるうちに焦土となる東京。失われる多くの命。うなされるように目を覚ます天皇の孤独。日本は、まだ闇の中にある。やがて、連合国占領軍総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見の日が訪れる。彼は、ひとつの決意を胸に秘めていた…。
映画生活より


日本での公開は不可能と言われたそうですが、フタをあけたら単館系としては大ヒット。
こちらにも来たんですが、先週は色々スケジュールが飛んだので、見れないかと思ってました。
(各サイトでは1週間で終わりと書いてあったり、シネコンのサイトがPCから見れなかったり。<これはいつもなんですが)
今週は時間帯が昼間のみになって、水曜日は無理かと思っていましたが、15周年記念に日曜日だというのにすべて1000円だったので、いってきました。

最初、時間がよくわからず、てっきり玉音放送の前かと思っていましたが、どうも後の様子。
ただ、抽象的なことも多く、パンフも売り切れていたので(入りがいいということでしょう。今日も結構入っていたし)、より深く知るためには、オフィシャルブックを読んだほうがよさそうです。

ソクーロフ監督はかなり研究して昭和天皇をシチュエーションごとに書き分けているようです。
現人神とされながらも、不自由な生活を送るヒロヒロをイッセー尾形が演じていて、これがよく似ているんです。惜しいのは、皇后がやや桃井かおり本人のように見えるところ。
でも、それで人間宣言をして、今までの自分を捨てた天皇を表現しているのかもと思いました。

公式サイト

Posted by yuki on 2006/10/15 with 映画生活


太陽 | Excite エキサイトシネマ
「太陽」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

「太陽」

追記(11/14)
御前会議のシーンで、ヒロヒトが全然政治的発言をしないのが???だったんですが、
大丈夫なのかと)最近、世界のクーデターを特集した記事で5・15事件は
青年将校が天皇親政を求めて起こしたクーデターだと書いてあって、ようやくわかりました。
つまり、直接統治をしていないから、何も言えないわけで・・・。
日曜日のミュージカルもそうだけど、やっぱり歴史を勉強することは必要ですね。
[PR]

by snowdrop99 | 2006-10-15 20:22 | 映画