日本沈没

日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理大臣・山本は諸外国に日本国民の受け入れを要請し、危機管理担当大臣の鷹森は日本を救う方法を求めて田所を訪ねる。そんな中、小野寺は被災現場でハイパーレスキュー隊員の玲子と出会い、お互いに心引かれるのだった…。
映画生活より


リメイクなので、前作を知っていれば結末がほとんどわかっていると思いきや設定を変えているんですよね。(私は見たような気もするんですがいまいち???多分テレビで(テレビ版でなく)やっていたのかと。)

原作は未読なんですが、それはそれとして、今風にしてあるのはかなりリアリティありましたよ。「令嬢」でなくハイパーレスキュー隊になった阿部玲子@柴崎コウの目力に最初からやられましたし、危機管理担当大臣役の大地真央もかっこようかった。(ライス長官のファッションも参考にしたようです。)それと福田麻由子も原作には出てこないと思いますが、重要人物です。

さらにリアリティがあったのは、(ややネタバレですが)政治家が自分だけは助かろうとするあたりや、今の日本の立場を反映しているような各国との関係とか。
asahi.comには載っていませんが、公開してすぐの朝日新聞には石坂浩二は小泉をイメージして演じたらしいです。(髪型がちょっと似てる)
でも、本人はああはやらないような気がします(苦笑)

(ややネタバレなので前を略しますが)小野寺(草なぎ)が「これまで自分はやりたいことをやってきた。だけどやらなくてはならないこともある」というあたり、いまどきの人を表している(少なくともやりたいことを云々あたりは)ような。石坂浩二ふんする首相が言う台詞にも、今時感がたっぷりあるので、改めて、自分を振り返るのにもいいかもしれません。



今回あえてレビュー作成ツールを使わなかったのは、映画生活での点数がかなり低かったからです。なにか表面しかみてないような・・・。

公式サイト
Nihon chinbotsu(IMDB)

【シネキチ】『日本沈没』@東宝試写室
【Munekiyo】日本沈没

日本沈没
[PR]

by snowdrop99 | 2006-08-04 00:03 | 映画