テレビ三昧

昨日、アップし忘れてたんですが、日曜日はテレビ三昧でした。

まず、録画してあった(PCでですけど)、時効警察x1、神はサイコロをふらないx3(これは一部見てたので、若干早送り)を試聴。それでもまだ半分までしか行ってません。
(土曜日は爆睡しちゃったし、日曜日の昼間は大荒れで雷が鳴ってたんで、やめて駅前まで買物に行ってました。)

功名が辻は見忘れたけど、あれは1,2回飛ばしても大勢に影響はないですから。
つか、上川隆也は超マジメらしいので、役にぴったりだけど、ストーリーに面白みが・・・。

輪舞曲はここへきて面白くなってきました。
チェ・ジウと竹之内豊の恋愛模様よりもチェ・ジウと橋爪功の親娘がすごいです。
さすが橋爪功。あの人が父親役で、ぐっと引き締まりました。


そして、1時間は輪舞曲↑を見たんですが、土日に愛と死をみつめてをみました。
本も読んだし子どもの頃、映画を見たけど、こんなに明るかったのかなぁ。
(今回はマコご本人の出版された本を合わせて、再構築しているそうです。)

サイコロで変な科学者を演じていた大杉漣がマジメな父親役をやっているのに違和感が。
まとめて見過ぎたせいですが。

愛と死をみつめてで、今でも覚えているのが、学校の体育館(話からいって多分、中学校?)でこの映画を見たんだけど、途中でミコが「(マコの)子どもを産みたい!」っていうセリフがあるんですが、途中でぶちっと切れちゃったんですよ。故障のフリをしてカットしてたんじゃないのかな。
[PR]

by snowdrop99 | 2006-03-21 08:01 | テレビ