出雲の阿国

土曜スタジオパークで特集をやってました

歌舞伎の祖を書いた有吉佐和子の「出雲の阿国」のドラマ化だそうで、スタジオパークでもやっていたけれど、一番大変だったのは形式化される前の歌舞伎を屏風絵などから想像して振り付けしたことでしょう。
それと、普通の女優さんたちだから、日本舞踊なんかやったことがないだろうし、今日のゲストだった原田夏希なんか、朝ドラでチアリーディングやってたんだから、180度違う世界で大変だったようです。

金曜時代劇で安土桃山時代(秀吉の頃)を扱うのは珍しいんだとか。
やるものなくなってるからでしょ。
菊川怜の阿国はおいといて(顔と訛りのギャップはおもしろい)、
恋仲になる三九郎は堺「山南」雅人ですからねぇ。
女性をターゲットにしてるのはみえみえです。

この三九郎、顔はきれいだけど、自分が芸人として成功するためなら、手段を構わないような人のようで(実は一回目は見てない)、今は恋仲の阿国と溝ができるようなんですよ。
私はそれよりも、自分も阿国のことが好きだけど、彼女を支える傳介のほうがいいなぁ。

来週は出雲から阿国の許婚だった男がでてきたり、原田夏希演じる義理の妹が出雲からでてきて、張り合うために三九郎に取り入ろうとしたり、まだ4回目なのに(でも6回中の4回だから?)結構展開が速いです。



出雲の阿国公式サイト

[PR]

by snowdrop99 | 2006-01-28 15:14 | テレビ