冬のソナタ(6)

録画も含めて毎週見てましたが、ひさびさにpostingします。
というのは、ちょっとコメントしにくいんですよ。
突っ込みどころが多すぎてネタバレになりそうだし(爆)

ミニョンは自分で女好きといいつつ、チェリンの嘘を見抜けないなんて、修行がたりない~と思ってましたが、ついにチェリンが嘘をついているのがわかったというか遅すぎる。
ま、それだけ、愛した女を信じるってことなんだろうけど、押しが弱いのか、フランスにはチェリン程度しかいなかったのかぁ(苦笑)

で、チュンサンがチェリンの恋人でなく、ユジンと相思相愛だったことを聞いて、今までのユジンのセリフに思い当たって、スキー場に車を飛ばすミニョン。でもそこには婚約者サンヒョクがいて。。なんて、NHK会長じゃないけどちょっと「君の名を」風だと思いました。

そして、翌日。
ユジンが落としたタロットカード(ミニョンには運命の人と示されたカード)を
拾おうとしたミニョンに資材が。次週につづく。って韓国のドラマって事故が多すぎ(苦笑)


ちなみに、母の知人は冬ソナにはまり、鹿児島の知り合いにドラマを見ろと電話した上、ユジンがもらったペンダントのレプリカを新大久保に買いに行ったとか。
母ははまらなかったようで、私が「はまるどころか、『(" ̄д ̄)けっ!』でしょ?」と言ったら笑ってました。
[PR]

by snowdrop99 | 2004-05-09 21:15 | テレビ