“滅私奉公”型はメニエール病になりやすい

メニエール病患者約200人(15―77歳)に、性格や日常生活などについてアンケートで答えてもらい、ある企業の従業員約4000人にも同一の調査を実施して、比較分析した。

 その結果、患者に顕著だったのは、「親や上司の期待に沿うよう努める」「嫌なことも我慢する」と、他人の目を気にして自分を抑える傾向。「おおいにそうだ」と答えた割合は、患者の方が2・5―3倍高かった。患者は、職場や対人関係への不満は小さいが「ストレス源は他人の自分に対する評価」と答えるケースが多いことも分かった。


私の元上司はメニエール病だ。
ストレス性なのは、彼の日常を見ていれば分かるのだが、「嫌なことも我慢する」とこうなるのが証明されたわけで(汗)
症状は軽めのようだけど、医者から車の運転を禁止され、車通勤から、電車通勤に切り替えた。慌てた上が私のチームから他に移動させた次第。

医者嫌いらしいく、薬が切れてもなかなか医者に行こうとしない。仕事を優先して医者に行かなきゃ治るものも治らないんだけどね。


<全文>“滅私奉公”型はメニエール病になりやすい
[PR]

by snowdrop99 | 2004-02-17 09:18 | 日々のこと