オペラ座の怪人


「オペラ座の怪人」さあ、音の洪水に酔いたまえ!
#9:オペラ座の怪人 
匂い立つエロチシズム-オペラ座の怪人-
でぇと(はあと)

水曜日に見てきました。

話自体は88年に四季が日本語版が上演されたときにブームになったので知っていましたが、多少ミュージカルと違うようです。

でも、映画の脚本をアンドリュー・ロイド=ウェーバー自身が書いているので、かなり気合入ってます。特に年老いたラウルの回想として1919年から1870年代へ何度も戻るんですが、圧巻です。(エンディングは映画版オリジナルのようです)

有名なオペラ座の地下の湖も実際に水をつかっているし(余談ですが、本当にオペラ座の地下には水路があって、地底の湖に流れ込んでいるんだとか)衣装やセットにも凝っていて、舞台版以上にミュージカルといえるかもしれません。


なんせ、一緒に行った友達は以前、四季版のオペラ座の怪人を見てるんですが、予習していかなかったので、全然わからなかったのが、今日はよくわかったとのたまったんですから(苦笑)

えー、私も予習しなかったんで、ミュージカル映画だとは思いませんでしたが
それと、劇中オペラがこのミュージカルのために作られたのを知っておどろきました。


舞台版のほうは、劇団四季の日本語版もロングランで、汐留シオサイトにある電通四季劇場[海]でまたかかっています。
それにしてもミュージカルってなんでこんなに高いんでしょう。。

オペラ座の怪人(eiga.com)
もう投票は終わってますがリアムタイム投票がおもしろいです。



見た後しばらく、頭の中でメインテーマ↓がぐるぐるまわってました。
予告編(WMP 500K)
劇場版のCD買おうかと思ったんですが、パンフをよく読んだら、若干違うようなので、
DVD買うかもしれません。


最後に、前出の友達のご近所さんの友達の話ってのが笑えました。


「怪人ってただのストーカーじゃん」



これが頭に残っちゃったんで、映画見る前に聞かなきゃよかった(苦笑)
[PR]

by snowdrop99 | 2005-03-12 17:46 | 映画