アジャストメント

スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリースという女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。そんな彼の動向を“アジャストメント・ビューロー”のエージェントたちがチェックしていた。2年後、そのエージェントのミスからデヴッドはエリースに再会。しかし、エージェントたちから二度とエリースに会わないよう警告される。
アジャストメント | ウーマンエキサイトシネマ


水曜日に見てきました。
フィリップ・K・ディック原作と言われているけど、原作本「アジャストメント」では編者の大森望さんが、
全然違うと書いている!そして、NEXTよりマシと(確かにあれはひどかった)
まあ、日本の二時間ドラマでよくある「翻案」といったところでしょうか。

もっとSFっぽいかと思ったら、そうでもなく、記憶を失うという意味では
エターナル・サンシャイン風でも(特に前半はデヴィッドとエリース以外も)あった。
でも、マット・デイモンらしく仕上がっていて、友達に誘われて合う時間のものがこれだけという、
直前までノーマークで見に行った割にはよかったです。(って期待しなかったからかもw)

ところで、マット・デイモンってなんかおっちゃんになったような。
それとも役作り?

一緒に行った友達もそう思ったのと、「ディカプリオかと思った」そうです。(と書けといわれたw)


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2011-06-03 14:38 | 映画