抜け穴の会議室 ~Room No.002~

土曜日にPARCO劇場で「抜け穴の会議室 ~Room No.002~」を見てきました。
(実は劇場が渋谷なのか池袋なのか、直前になって混乱。。)

蔵さまのユニットということで申し込みましたが、大杉漣も見たかったのも理由の一つ。
イントロダクションにあるのでネタバレじゃないと思いますが、生と死の狭間の会議室
(には見えないけど)での二人のやりとりと、最初は前世の記憶がなくなっているのが、
何度かフラッシュバックしてだんだんと二人の関わり合いを思い出すんですが、
この二人のやりとりが、最初コメディ仕立てと思ったら、それは最初だけ。
遠い前世は直前(らしい)のものとは全く関係がないけれど、近いものはどうやら関係があるらしく
ぐんぐん引き込まれました。
これは二人だけでなくて、作・演出の前川知大の力もあるんでしょう。
ただし、輪廻の概念が理解できないと難しいかな。というわけできわめて日本的。

a0002826_22505459.jpg



二人が夫婦で大杉漣が奥さんなのには爆笑だったけど、
父親役を演じると素晴らしいです。
舞台を見た後だと、TVでは分かりづらいというか、力を押さえている気がしました。




公式サイト

[PR]

by snowdrop99 | 2010-12-29 13:18 | ミュージカル・演劇