ロストクライム -閃光-

出世を夢見る若手刑事・片桐は、ある殺人事件をきっかけに、定年間際の老刑事・滝口とコンビを組まされる。滝口の傍若無人な振る舞いに苛立つ片桐だったが、被害者がかの“三億円事件”の犯人グループの一人と聞かされて震撼する。やがて恐るべき真相に辿り着いた二人は、ある巨大な陰謀の闇へと巻き込まれてゆく…。
ロストクライム -閃光- | ウーマンエキサイトシネマ


昨日のUst、生シネスクに渡辺大さんが生出演。
普段の演技(TVだけですが)とのギャップもあり、また予告が面白そうだったので見てきました。

#第一週の今週だけ夜の上映もありだったので、こちらを優先。

最初、なんで今(2010年)でなく、2002年なんだろう?と思ったら、滝口が三億円事件の捜査を若い頃していて、なおかつ、後少しで定年というとこの頃なんですね。

まだ一週目なので、詳細はヒミツにしておきますが、三億円事件との関係があります。
私が知っている三億円事件というと「初恋」になるんですが、実際の証言を元にしているので、ニセ警官が現金輸送車を止めるシーンなんかはあちらを思い出しました。
(予習としては原作を読むのもいいけれど、これを見るのもいいと思います。Gyaoでやってるらしいし。)

片桐のヘアスタイルが気になったんですが、あれはちょっと前の時代というのと、彼がまだ4年目の若手警察官で、ちょっとあまちゃん?だったのが成長していくというので、ああいう髪型なんじゃないかと推測。

同時公開になってしまったCX制作の映画とは正反対です。
「ゴンゾウ」や「警官の血」それと「臨場」がお好きなら気に入ると思います。
→でも、朝日新聞は制作委員会に入っていても、テレ朝は入ってない

(PG-12がついてますが、ちょっとラブシーンがリアルすぎるのと暴力的なところがあるからかも)


公式サイト
[PR]

by snowdrop99 | 2010-07-08 00:17 | 映画